Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

はてなブログを始めてまず困ること、注意点

ブログ関係 ブログ関係-ブログ書き方

スポンサーリンク

先月からはてなブログを開設していますが、最初いきなりつまづいて検索に走り回った部分を載せておこうと思います。
今回は記事を書く上での注意点です。

はてなブログロゴ

SEOを意識するか

ブログを書く方で多くの方はお小遣い稼ぎをしたいという人が多いと思います。
そうすると、検索をして自分の記事を見つけてもらえるようにある程度意識しないといけません。

そこで記事を書く上で注意したほうがいい点は以下のようなものがあります。

  • 見出しをつける
  • 改行と文節の区切りを理解する
  • カスタムURLを作る
  • アイキャッチ画像を設定する
  • 記事の概要を書く

この辺りを解説していこうと思います。

見出しをつける

記事を書くときの画面左上に見出しというところがあります。
そこをクリックすると以下のように4つ出てきます。

見出しの説明

試しに大見出しをクリックしてHTML編集を見てみましょう。
かっこでくくられたh3という文字が二つ出てきました。
この間に文字を入力すると、ネット上で「これは文章ではなくタイトルですよ」と認識してくれるんです。

他には
中見出し→h4
小見出し→h5
標準→タイトルではない
となります。

ちなみに、記事のタイトルはHTML編集の画面では出てきませんが、h1となっています。
見出しの使い方は数字が小さい順に入れていくとこんなイメージになります。

記事タイトル
 大見出し
  中見出し
   小見出し
   小見出し
  中見出し
 大見出し
  中見出し

この見出しを使うことで検索した時にキーワードとして引っかかりやすくなるので是非見出しをつけましょう!
読む人も見出しがあったほうが読みやすいですしね。

それから、タイトルや見出しは検索キーワードを意識して付けることも大事です。
そこで検索したときに引っ掛かるかどうかが変わってきますよ。

(注意)
ここで(あれ?h2は?)ってなりますよね。
これがSEO的には賛否両論でして、
「h2が抜けるのはgoogleの評価を下げる!!」
という意見もありますし、
「見出しの順番は関係なし!googleは中身で評価する!」
という意見もあります。
手間じゃなかったらh2を最初に一つだけでもつける方がいいかもしれませんね。

改行と文節の区切りを理解する

最初私がブログを書き始めた時に一番悩んだのがこの部分です。
今まで意識していない人は改行と言ったらenterキーを押していたと思いますが、
はてなブログでそれをやると出来上がった記事はこのようになります。

行間空きすぎたブログ例

行間空きすぎです!

これは非常に見づらいですし、検索対策の点でもよくないのです。

html編集の画面で見ると一行ずつpの文字で囲まれています。
このpが多ければ多いほど検索上では邪魔くさく思われるので評価を下げてしまいます。

enterキーで改行するのは文節としての区切りで使いましょう。
普通の改行はshift+enterで改行します。
そうするとこうなります。

行間が詰まったブログ例
html編集で見るとpは一番最初と一番最後のみしか出てきていません。
この5行で一つの文節ということです。

間違えてenterで改行をした文章を直す場合は、文章の頭にカーソルを持ってきてバックスペースで改行を消した後、shift+enterでやり直せばOKです!
もしくは、html編集画面で直接pの位置を直すかです。
ただし、
見出しは普通のenterで改行しましょう。
そうしないと文章全てが見出しになってしまいますので。

カスタムURLを作る

下書き画面の右側に歯車マークをクリックしてみましょう。

カスタムURLの場所
ここに自分でURLを入力します。
これも検索対策ですが、この重要性はそんなに高くないです。
先ほども書きましたがあくまでもgoogleは中身で評価しますので。
googleアナリティクスでアクセス解析を多用する人はこれをしておくと自分の記事がURLで分かりやすかったりします。

アイキャッチ画像を設定する

 先ほどの編集オプションの下にあります。

アイキャッチ画像の位置
これは検索対策もありますが、どちらかというと記事を見に来た人の目に留まりやすくするという感じです。
この設定も大事です!
目に留まりやすいのはやはり文字より画像ですよね。

記事の概要を書く

こちらはgoogleの検索などでヒットした時に載せる文章をどうするかです。
これをしていないと記事の最初から文字数制限まで載ることになります。
こちらも編集オプションの下にあります。

ただ、ここまでやると大変なので私はやっていません・・・。
それに、私の場合はなるべく記事の最初に概要を書いてから本文を書き始めているのであまり関係ないかなと。

検索で自分の記事が出た時に概要が要約して書かれているとクリックしたくなりますから、やる効果はあると思います。

まとめ

 ここで紹介した中で大事なのは見出しと改行ですかね。
アイキャッチ画像も人に見てもらうという点ではとても大事ですが。

ちなみに、検索対策というのはgoogle先生のお眼鏡にかなうかどうかということです。
この辺りの対策をしっかりしておかないと検索に引っ掛かるようにしてもらえないそうなので。

【おすすめ過去記事】

 

www.aqua-exp.com

 

www.aqua-exp.com

 

www.aqua-exp.com