Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

【mac】変換中に使うショートカットキー

ITスキル ITスキル-mac

スポンサーリンク

ショートカットキーは覚えるとパソコンでの作業効率が格段に上がります。
macで入力中に使えるショートカットキーを覚えて入力速度をどんどん早くしていきましょう。

我が家のmacbook

【目次】

事前の設定

まず紹介をする前に設定を確認しておかなければいけません。

リンゴマーク→システム環境設定→キーボード
と開きます。
そこの入力ソースをクリックします。
そうすると以下のような画面が出てきますが、その中で四角に囲った2つが今回紹介する方法をやるためには必要になります。

キーボード設定画面

  • 半角カタカナにチェックを入れる
  • Windows風のキー操作のチェックを外す

一応、簡単にこの2つの違いを説明しておきましょう。

半角カタカナにチェックを入れる

これにチェックを入れるか入れないかで今回紹介するショートカットキーの一部が使えなくなります。
逆にそのショートカットキーは使わないという方はチェックしなくても全然支障ありません。

Windows風のキー操作のチェックを外す

これをしておかないと今回のショートカットキーは使えなくなります。
別のボタンで同じことができるようになるのでそちらがいい方はチェックを入れましょう。
他にもこのチェックで変わることはいろいろあります。

例えば、入力した文字を変換している最中に(変換候補が出ている時)deleteを押すと
チェックを入れている → 変換前のひらがなの状態に戻る
チェックを入れてない → 変換前のひらがなの状態に戻る+最後の1文字を消す

という違いが出てきます。
私は本当なら上の方が理想なんですが、それよりも今回紹介する方ができることを優先しました。
その辺りはお好みで。

変換中に使うショートカットキー

まず先に使うボタンを紹介しましょう。

変換中に使うショートカットキー

右手のホームポジションで置くときの4つ+1つ隣です。
これをctrlと一緒に押しますが、できることは以下の通りです。

  • ctrl+J → ひらがなに変換
  • ctrl+K → 全角カタカナに変換
  • ctrl+L → 全角英数字に変換
  • ctrl+; → 半角カタカナに変換
  • ctrl+' → 半角英数字に変換

windowsを使用している時はファンクションキーを使っていたかと思いますが、こちらの方が指を動かす距離が短いのではるかにスピードアップしますし、誤爆も減ります。

先ほどの設定をしていないと

最初に紹介した設定をしていないとちょっとずつ変わってきてしまいます。

半角カタカナにチェックを入れる

半角カタカナにチェックを入れていないと「ctrl+;」が「半角英数字に変換」に変わってしまい、「ctrl+'」と同じ機能になってしまいます。
半角カタカナに変換する機能はなくなってしまいます。

こんなの使わね〜わ!

という方はチェックを入れなくても構いません。

Windows風のキー操作のチェックを外す

こちらの設定をしていないと先ほど紹介したすべてが使えません。
その代わり、同じ機能は一段上の「Y、U、I、O」に変わります。

他にも先ほど書いたように変わる部分はあるんですが、このショートカットキーに関してはホームポジションのまま押せる方を選ぶか一段ずらして押す方を選ぶかの違いです。

私の場合は明らかに今の設定の方が楽だし早く打てる気がするのでこのようにしています。
その辺りもお好みで!

おまけ

ちなみにこの機能はどのアプリでも大体使えます。
wordやexcelでも使うことができます。

他にも入力するときに便利なショートカットキーはいろいろあるんですが、wordやexcelで使えなかったので今回の紹介はこれだけにしました。

まとめ

さて、おさらいを兼ねてもう一度紹介しておきますよ。

  • ctrl+J → ひらがなに変換
  • ctrl+K → 全角カタカナに変換
  • ctrl+L → 全角英数字に変換
  • ctrl+; → 半角カタカナに変換
  • ctrl+' → 半角英数字に変換

ぜひ、覚えて活用していきましょう。
高い金払って買ったパソコンですからどんどん便利に使い倒しましょうね!

【おすすめ過去記事】

mac版ショートカットキー

ショートカットキーを覚えよう

ゴールデンエイジの伸びはハンパない!!