Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

iCloudを利用してPCへ直接写真を取り込む方法

ITスキル ITスキル-iPhone

スポンサーリンク

もうすっかりiPhoneの写真はクラウドに保存してスッキリしております。
そもそもなぜクラウドに保存するのか?
それはPCも容量に余裕はないからです。
でも、ブログを書いているとiPhoneで撮った写真をすぐにPCで使いたいと思うときありませんか?
そんなあなたのために解決方法をここに記しておきます。
ぜひ参考にしてください。

iPhoneとPCの写真

【目次】

クラウドを経由するとちょっと面倒

私の使い方ですが、iPhoneで撮った写真や動画は全てgoogleフォトに保存しています。
そのgoogleフォトに保存した写真系はPCに落としていません。
理由は先ほども書いたようにPCの容量がそんなに余裕ないからです。
では、iPhoneで撮ったものをPCに落としてブログ用に加工して使いたいと思ったときはどうすればいいのでしょうか?

ネット上でgoogleフォトを開いて欲しい写真をダウンロードするしかないです。
つまり、

iPhone → クラウド → PC

という一手間余計になるんです。
できれば、iPhoneからPCへ直接写真が入ってくれればいいですよね。
それを簡単にやってくれるのが iCloud です!

ちなみにこれはwindowsPCでもできますよ!

iCloudって5GBまでじゃないの?

iCloudが無料で使えるのは5GBまでじゃないの?と思っていますか?
それはちょっと違います。
厳密に言うと
iCloud Driveは5GBまで無料 です。
iCloudとiCloud Driveはちょっと違います。
何がどう違うのかは置いといて、iPhoneからPCへ直接写真を取り込む方法を解説しましょう。

iPhoneの設定

まずはiPhoneの設定から行きましょう。
設定 → iCloud → 写真
と進みます。 そこで マイフォトストリーム をオンにします。

写真の設定画面

ここで注意!
iCloudフォトライブラリは オフ にしておいてください。
ここがオンになっていると5GBの容量を使うことになるので色々大変です。

これでiPhone側は終了です。

PC側の設定

windowsPCの場合はiCloudをAppleのホームページからダウンロードしてください。

そして、まずiCloudを開きます。
macの場合は左上のリンゴマークからシステム環境設定を開くとあります。
そして、写真のオプションをクリック。
ここでもマイフォトストリームをオンにしてiCloudフォトライブラリはオフにします。

PC側の設定画面

これでPC側も設定終了です。

試してみよう!!

これでiPhoneからPCへ自動で取り込めるようになりました。
では、wifiに両方の端末が繋がっている状態でやってみましょう。
iPhoneで写真を撮り、PCの写真フォルダを見てください。
wifiの通信状況によってはタイムラグがあるかもしれませんが、ちょっと待っていれば取り込まれるはずです。
できましたか?
これでiPhoneで撮った写真をすぐPCで加工したりできますね。

ちなみに、PCに取り込まれた後はiPhone側で写真を削除してもPCの方は残りますので安心してください。

念のため!
初期設定でそうなっているはずですが、macをお使いのあなたは写真アプリの設定画面を開いて、「項目を写真ライブラリにコピー」にチェックが入っているか確認しておきましょう。
(iPhoneではなくmacの設定です)
これをしておかないとiPhone側で写真を削除した時に一緒に消えてしまいます。

使う時の注意点

この方法では 動画は取り込まれません のでご注意を!
あくまでも写真のみです。

この方法で取り込まれるのはマイフォトストリームにある写真ということなんですが、一応、条件があります。
そのマイフォトストリームというのは1,000枚までと30日以内の写真のみ保存されます。
枚数が増えたり期間が過ぎると古い方から消えていきます。
なので、そこまで行ってしまう前にPCに取り込みましょうね。

「iPhoneで写真を撮ったけど別にPCに保存しないでgoogleフォトに保存しておくだけでいいや」
という場合はPCを閉じた状態でgoolgeフォトと同期してiPhoneの写真を削除しておきましょう。
この時、 「マイフォトストリーム」 というところに写真が残っているとPC開いた時に取り込まれてしまうのでそこに残っていないか確認しましょうね。

補足

先ほどの設定でiCloudフォトライブラリをオフにすると言いましたが、これはなんなのでしょうか?

実はこれ、クラウド上に写真が保存されてどの端末からでもそこにアクセスすれば見れるしダウンロードもできるというものなんです。
ただし、この場合、iPhoneでその写真を削除してしまえば他の端末でも見れなくなってしまうし、先ほども言ったように5GBの容量を使ってしまいます。
なのでとりあえず今回のやり方をするだけだったらオフにしてください。

まとめ

もしかしてわけも分からずiCloudフォトライブラリがオンになっていて「容量不足でバックアップできません!」っていう警告を受けてましたか?
(実際は英語です)
その場合は設定を見直しましょう。

iPhoneとPCで直接写真をやり取りしたい場合はこの方法がおすすめですよ!

【おすすめ過去記事】

【mac】ファイルの中身を確認したいならスペースキーを使おう! - Aqua-Experience

【mac】ブログに写真をアップする前に圧縮しつつ位置情報を削除する方法 - Aqua-Experience

mac版safariでオススメするショートカットキー7つ!これだけあれば完璧! - Aqua-Experience