Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

小学校低学年からバスケットはできるか

ライフ ライフ-バスケット

スポンサーリンク

昨日、いろんな年齢の子供たちを面倒見ることになって神社の広場でワイワイ遊んでいました。
幼稚園児もいれば3歳児もいたり、小学校低学年もいれば高学年もいるという感じです。
その中で、才能として「運動神経あるな〜」と思う子もいれば「運動は苦手そうだな」と思う子もいました。

2種類のバスケットボール

幼稚園児でも身軽

子供なら誰でも身軽で元気いっぱいに走り回るもんだと思いますか?
実際は、違います。

走るだけなら運動神経は関係ないんですが、鬼ごっこをしていてすぐ捕まっちゃう子というのは鬼から逃げる反射神経がやはりどっか鈍いんです。

それが低学年だとしても、ヒョイっとかわしてしまう子がいるんですよ。

バスケットならどうか

バスケットというスポーツはボールの扱いが上手くなければいけません。
でも、前にも書いた通り、低学年の子というのは手が短いとか背が低いという理由でバスケットはやりづらいです。

だから、もし、1年生や2年生でバスケットをやらせたいと思っても
「やっぱり、まだ早いかしら?」
と思いがちです。

ですが、安心してください!!
低学年のうちにやっておくと有利なことってたくさんありますから!!

低学年で重視すること

低学年でバスケットをやらせるなら一番重視するのは
ボールを理解させること
です!

5年生や6年生でバスケットがあまりうまくない人はドリブルを見ればわかります。

ボールを見なければドリブルができない
ボールを見ないようにするとすぐにミスをする

などが発生するんです。

うまくない人の共通することはボールを理解してないんですよ。

例えば
ボールの真下(中心)を支えればボールは落ちないとか
ボールが回転しながら跳ねれば回転している方向にバウンドするとか
斜め45度にバウンドさせれば斜め45度に跳ねるとか

要するにボールがどう動くのかが分かっていないということです。

ボールを理解させるためには?

低学年のうちにボールを理解させるためにはまず、ボールの中心というのを覚えさせましょう。

どんなにボールが大きくて手が小さくてもボールの真下を支えれば片手でも持てるんです。
そして、斜め下を支えながら右から左にボールを早く動かしても落ちないんです。

また、ボールの真横をちゃんと捉えれば、片手の指1本ずつでもボールを挟んで持ち上げられます。

この真下と真横のボールの中心を小さいうちに覚えておくと後でハンドリングなどの上達が早くなりますよ。

ボールの動きを覚えさせる

それから大事なのがボールの動きです。
ボールが高速回転したままバウンドするとまっすぐ跳ねずに回転している方へ飛んでいきますよね。
バスケットがうまくない子の中にはそれを理解できない子が非常に多いです。
そのボールの目で見てそして感覚を覚えさせます。

逆回転がかかっていればバウンドした後自分の方に戻ってくるなんて、子供たちは大喜びするでしょう。
そんな遊び感覚で覚えさせるといいと思いますよ。

まとめ

前にも書いた気がしますが、低学年のうちはバスケットを教えるというよりもボール遊びをさせるという感覚の方が後々伸びていきます。

まずは、ボールがこうきたらこう跳ねるとか小さな手でも片手で持てるとかを覚えさせましょう!
ハンドリングはそのあとです。
シュートフォームなども後回しです!!

低学年のうちにボールの感覚が身につけばゴールデンエイジになったあたりでさらに伸び方が違うでしょう!

【おすすめ過去記事】

 

aqua-exp.hatenablog.jp

 

 

aqua-exp.hatenablog.jp

 

 

aqua-exp.hatenablog.jp