Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

私のモテ期は今なんです!妻も娘もいるのにどうしよう!

ライフ ライフ-雑記

スポンサーリンク

誰でも生きているうちに数回はモテ期というものがあるそうですね。
子供の頃は神童のようにもてはやされたけど大人になったらさっぱりという人もいるでしょう。
ですが、モテ期という意味では私は今が人生のピークなんですよ!

f:id:aqua935:20161123071454j:image

苦悩と葛藤の日々

私には妻も子供もいます。
だから、浮気だとか不倫だとかまずいわけですよ。

家庭崩壊してしまいます。
当然家族はかけがいのない何よりも大切にしなければいけないものです。
失うようなことがあってはいけません。
というか失いたくありません。
でも、私、今が一番モテモテなんです!
未だかつてこんな経験をしたことがありません。
戸惑っております。
私だってですから。
(ちょっとぐらいいいかな)なんて葛藤の日々です。

私がどれだけモテるのか実際に言われた言葉を上げていきましょう。
これから紹介するのはここ1ヶ月の間に言われたことです。

私のモテっぷり

言われたシチュエーションは様々です。
お出掛け中にばったりあったときに言われたり、何かの会議で一緒になったときに言われたり。
まあ、どんなシチュエーションかは置いといて、早速紹介していきましょう。

女子A「アクアさん、うちの旦那と交換できないかな〜」
いきなり不倫宣言!?
こりゃまずい!(でもうれしい)
女子B「あれ〜?〇〇ちゃんはいつも人見知り激しいのに初対面のアクアさんは平気なんだね〜」
もう、私の人格が溢れ出して止まらない。
女子C「アクアさんって何歳?え〜!ホント??若〜い!」
どうやら見た目だっていけているらしい。
男子A「よう!イケメンアクアさん!元気?」
イケメンというのは私のミドルネームのようだ。
女子D「ねえねえ。Eちゃんのアクアさん、Aちゃんの旦那と交換してもいい?」
女子E「やだ〜!アクアさん大好き!」
とんでもない愛されようだ。

どうでしたか?わたしのモテっぷり。
ここまでいい方向に進みすぎると、世の中全てが疑わしくなってしまいます。
歩いているその先に落とし穴があるんじゃないかと毎日ビクビクしております。
私はなんて幸せものなんだろうか。

浮気はいけない、浮気はいけない、浮気はいけない。

現実はこっちだ!戻ってこい!

さて、先程あげた数々のモテエピソードですが、これは嘘偽りのない事実です。
ここ1ヶ月の間にホントに言われた言葉なんです。
あれ?
ああ!
どうやら、やらかしてしまったようです。
嘘偽りないのですが、タイプミスを連発していました。
少〜しだけ内容に間違いがあったのでここで訂正させていただきます。
アクアさん→おっとう
「おっとう」というのはうちの娘が私を呼ぶときの呼び名です。
パパとかお父さんとかじゃなくおっとうと呼んでます。
それが近所にも広まって、至る所で私は「おっとう」と呼ばれています。
旦那→お父さん
ま、よくあるタイプミスですね。

先程の文章を訂正するのは面倒くさいので、脳内変換して読み直してください。

私のモテ期は?

どうでしたか?
正しく読み直せました?
どうやら、私はティーンエイジャーにもならないような年齢にモテモテのようです。
近所の仲良い子どもたちは私に会うたびに「アクアさんだっこ〜」って飛びついてきます。
ああ、またやってしまった。
アクアさん→おっとう
です。
でも、実際のところ、私自身も大人同士で話をしているよりも子どもたちと遊んでる方が楽しいです。
きっと、軽くコミュ障入っているんでしょうね。
子どもたちとキャッキャキャッキャしてる方がいいです。
もう寒くなってきてしまいましたが、私は今無性に子どもたちとサッカーしたいですw
子どもたちとなら本気にならなくていいですから。
気軽にワイワイできるじゃないですか。
ただし、もう時期雪が降りそうだな〜。
あ!雪合戦!!

でも、雪合戦って意外と疲れるんだよな〜・・・。

まとめ

「おっと〜、だっこ〜」
いつもの朝一番の奇声が聞こえてきた。
どうやら、うちの娘が起きたようだ。
今日も平和な一日が始まりそうだ。

【おすすめ過去記事】

実年齢より若く見られるのは慣れっこだけど、限度ってものがあるでしょ?

休日に子供たちと遊ぶのは楽しい!

うちの子できる子3歳児