【結果報告】ドコモでiPhone7に機種変したらこうなった!

この記事をかいた人

アクア

30代サラリーマンのアクアです。
普段の生活で興味あることや体験したことを通じて経験値(Exp)を上げていくブログです。
ぜひ、気軽に読んでいってください。

スポンサーリンク

iPhone7が発売してから1ヶ月以上経過しましたね。
私もiPhone6plusからiPhone7へ機種変しました。
機種変のたびに格安SIMにするかドコモのままにするか悩むんですが、結局今回もドコモで契約です。
「ドコモで機種変ってやっぱり高いのかな?」
と悩み中のあなたのために私の結果をお伝えしておきたいと思います。

(注意)
これはあくまでも私がドコモで購入したときの結果であって、最安値ということではありません。

私が購入したiPhone7

購入機種

私はiPhone7の32GBを選びました。
過去にこんな記事を書いた手前、私は最小容量を購入することにしていたんです。

あれ?iPhoneの容量は16GBでもいけるんじゃない!?

2016.03.26
だって、そうしないとただの嘘つきになってしまうじゃないですか。
でも、残念ながらiPhone7からは16GBが廃止されて32GBが最小になったんですね。
いや〜、これは本当に残念。
ということで32GBを選びました。
しょうがないですよね、無いんですから。(ふ〜、危ない危ない)

スポンサーリンク

ドコモでの機種代金

実質0円に待ったがかかって各キャリアとも料金設定は見直さないといけないことになりました。
だからこそ、今度こそ格安SIMにした方がお得なのかな?
と思っていたんです。

ドコモでの機種代金は以下の通りです。

ドコモ料金表
<ドコモ公式HPより>

月々サポートの割引は「シェアパック10」または「データMパック」以上を契約している場合の料金です。
「シェアパック5」または「データSパック」の場合は上記の金額から432円減額になりますのでご注意ください。
つまり、私が購入したiPhone7の32GBの端末代金は82,296円です。
実質負担額は2年間使用し続ければという条件付きですが、結果的に26,568円になります。
ただし、今回の結果報告では端末代がいくらになったかというところに焦点を当てていきたいと思います。

機種変時に割り引かれるもの

キャリアでの購入で話がややこしくなるのはキャンペーンやら何やら色々ありすぎて、自分に適用される割引はどれでいくらなのかがよくわからないということですね。
なので、今回私の結果をあなたに伝えておこうと思ったわけです。

前提条件

私は今回の機種変時に今まで使っていたiPhone6plusを下取りに出しました。
10月1日に妻と同時に機種変です。
このiPhone6plusを2年前に購入した時にキャリアをソフトバンクからドコモに変更したんです。
なので、ドコモ歴は2年。
この2年で貯まったdポイントも機種変時に端末代の割引として使えるのでこれも大事な情報です。

家族まとめて割

ではここから実際に私が使った割引内容の紹介です。
まず、家族まとめて割が適用されて税込5,184円の割引が受けられます。
家族まとめて割とは、同一シェアグループ内で2台以上機種変すると1台につき5,184円の割引が受けれられるというものです。
なので、妻と同時に機種変したわけです。
ちなみに、このキャンペーンは同じ月の中であれば別々の日に機種変しても適用になります。

結果:割引5,184円

クーポン

続いての割引はクーポンです。
以前、突然私宛に1通の郵送物が届きました。
そこには機種変時にこのクーポンを持っていけば税込5,400円の割引が受けられるというものが入っていたんです。
でも、安心してください。
そのクーポンを持っていくの忘れてもドコモショップの店員さんに伝えれば調べて適用してくれます。
(そう、つまり忘れていきました・・・汗)

結果:割引5,400円

下取り

それから下取りの割引です。
ドコモでの下取り金額は以下の通りです。

下取り価格表
<ドコモ公式HPより>

私が下取りに出したiPhone6plusは税込25,000円でした。
購入時は容量によって値段が違うのに下取りの時はどれでも同じなんですね。

結果:割引25,000円

dポイント

最後にドコモを2年間使っていたことで貯まったdポイントです。
これは2年間で3,600円分のポイントが貯まっていました。
チリも積もればですね。

結果:割引3,600円

結果発表

全部で4つの割引が適用になりました。
それを考慮した上で端末代金がどうなったのかは以下の通りです。

iPhone7割引表

端末代が約半額の43,112円になりました!!
これを分割で購入した場合、月当たり1,797円ですので、月々サポートの金額は-2,322円ですので、差し引きで毎月-525円という結果となりました。
実際は端末代が半額になったことでいい気になって一括で買ってしまいましたけど(笑)
なんだかんだでいろんな割引が適用されてどんどん安くなっていきました。

(おまけ)使用感

今回大きいサイズから小さいサイズへ変更したんですが、やっぱりポケットに入るっていい!
あと、今回はブック型のケースではないものを選びました。
これもちょっと見たい時に片手でさっとできるのでいいですね。
今回買ったケースはこれです。

見た目かっこよくてすごくお気に入りです。
あと、一時期話題に上がっていた「総務省指定」の文字ですが、、、
虫眼鏡でもないと読めないんですけど〜
というくらい小さい文字で、こんなんで世間が騒いでいたことに驚きましたw
もともと、カバーをつけるつもりだったのでどうでもよかったんですけどね。

ちなみに妻も同じタイミングでiPhone7に機種変したんですが、妻が選んだケースはこちらです。

妻はムーミン大好きなのでこれにしました。
iFaceは私も昔使ったことありますが、これはとても頑丈です。
落としたりしやすい方にはおすすめですよ。

まとめ

格安SIMでiPhoneを購入する場合はキャリアのような月々サポートがないので端末代まで考えるとキャリアのままの方がいいのかな?
という結論で今回はドコモのままで機種変しました。
2年後、月々サポートが切れてそのままiPhone7を使い続けたいと思った場合は格安SIMに乗り換えた方が間違いなく安くなるでしょうね。
どうですか?
参考になりましたか?

それにしてもiPhoneを最安値で買いたい場合、どうするのが一番いいんでしょうね〜。

おすすめ関連記事

【iCloud】iPhoneバックアップ容量の解決方法

2016.07.12

OneNoteは使えない?メモ系アプリ3つを徹底比較!

2016.04.13

容量無制限で使える!googleフォトの出番です!

2016.03.25

スポンサーリンク

関連記事

私が購入したiPhone7

ぜひシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です