漫画「ピアノの森」の紹介。ここまで涙を流した漫画は今までなかった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は映画・漫画・小説などなど色んな作品を見てきましたが、ここまで涙を流して感動した作品はなかったかもしれません。そんな感動的な漫画をあなたにも紹介したいと思います。

この漫画はもうすでに完結している漫画です。にも関わらず、人気があったからなのかこれからTV放送が始まることが決まったんです。2007年には映画もやりましたし。そのあたりもちょっとずつ紹介していきますね。

ピアノの森

あらすじ

主人公は一ノ瀬海(イチノセカイ)という少年です。
一ノ瀬海

それと、小学5年のときに転校してきた雨宮修平(アマミヤシュウヘイ)という少年も準主役という感じですが、物語には欠かせない人物です。
雨宮修平

父親が世界的に有名なピアニストで、生まれたときからピアニストを目指すことが決まっていたような雨宮修平に対して、森に捨ててあったグランドピアノをおもちゃ代わりに毎日毎日弾いていた一ノ瀬海という両極端な二人のお話です。

雨宮修平は楽譜通りに完璧に弾けるけど、どうしても自分のピアノが好きになれませんでした。そんなときに一ノ瀬海に出会い、自由にピアノを弾いているどころかそのアレンジに心躍らされてドキドキが止まらなくなるようなピアノを聞いて、雨宮修平は自分を変えていこうと決意します。

一ノ瀬海は遊びで自由にピアノを弾いていただけなんですけど、実は絶対音感の持ち主です。だから、どこかで聞いた曲を家に帰って森のピアノで弾いて遊んでたんですね。

その才能に気づいた音楽の先生が阿字野壮介(アジノソウスケ)です。
阿字野壮介

彼は世界的にも大注目されていたピアニストだったんですが、事故にあってしまい、婚約者と左腕の自由を無くしました。その絶望を味わい腑抜け状態になったまま学校の先生をしていたんです。

才能に気づいたきっかけはこのシーンです。(スマホだと小さいかもしれませんので、横向きにして貰えばと思います。)

カイの才能その1カイの才能その2

その才能を埋もれさせたくない阿字野はなんとか説得をし、レッスンをして小学生向けのピアノコンクールに出場させたんです。そこには雨宮修平も出ています。

そこで阿字野はコンクールの御法度でもあるアレンジをカイにやらせるんです。賞を取るのが目的ではなく観客の前で弾く気持ちよさをカイに教えるのが目的でしたから。

コンクール当日、雨宮は見事にピアノを弾ききりました。観客は拍手喝采、審査員も納得の演奏です。それに対して、カイは自分なりのピアノを弾きました。結果はどうなったかというと、観客は心を躍らされてスタンディングオベーションの嵐、でも、審査員は彼を落としたんです。なぜなら、採点ができないから。

コンクールは楽譜通りに弾けるかどうかが採点ポイントです。でも、アレンジしてしまったカイは減点の対象になってしまったんですよ。一番観客を盛り上げたカイが落選してしまいました。勝ち抜いたはずの雨宮はここでいいました。「彼には勝てない」と。

結局地区予選でカイが落ち、その後の全国大会で雨宮が優勝しました。全国大会優勝した雨宮は腑に落ちません。それは一ノ瀬海のピアノには勝てなかったからです。

審査員に才能が認められなかった一ノ瀬海と、その影に常に怯え続けた雨宮修平はその後それぞれの道を選んで成長を続けます。というお話。

スポンサーリンク

おすすめポイント

この漫画はピアノを題材にした漫画です。そこで一ノ瀬海や雨宮修平の成長を描いたわけですが、なぜこんなにも私は引き込まれてしまったのか、そのおすすめポイントを紹介します。

絵が優しい

漫画を選ぶ基準の中にストーリーより絵で選ぶという人は多いと思います。あなたが好きなジャンルの漫画だとしても絵があまり好きになれず手に取らなかった漫画もあると思います。

ピアノの森は出てくる人物がかわいいというか柔らかいんです。特に、子供の困った顔や泣いた顔は絵が全然変わります。私はそこが好きになりました。例えばこんなシーンです。

嫌いな肉を食べているシーン

カイは肉が嫌いなんですが、給食で出た肉を我慢して食べているシーンです。さっきの先生に文句つけている人と同じ人物とは思えませんね(笑)

何故か音がする

これは漫画です。つまり、紙に書いてある絵と文字を読むだけです。なのに、なぜか頭のなかでは音楽が流れてくるのです。観客の拍手が聞こえてくるのです。

全世界に感動をお届けした数ある映画でも、そこからBGMや効果音や挿入歌を除いて、ただ人物が喋っているだけだったらきっとそこまで感動しなかったことでしょう。それだけ音楽や音というのは影響を与えるんですが、この漫画を読んでいてもその音楽が鳴り響くんですよ。

嘘だと思うなら読んでみてください。漫画に出てくるクラシックの曲が分からなくても何故か音が鳴り響くんですよ。そうじゃなかったら私はそこまで感動しなかったことでしょう。

ピアノをやっていた人もやってない人も

私はピアノを習っていたことはありません。それでも、これだけ感動しました。それはピアノのテクニックがどうとかいう話ではないからです。だから、ピアノを全然やっていなかった人でもハマります。

じゃあ、ピアノ習っていた人は退屈かというとおそらくそうではありません。想像でしかないんですが、この漫画の序盤の方でカイがショパンの「子犬のワルツ」だけが弾けないというシーンがあります。大好きな曲で弾いてみたいのに弾けないこの曲に出会ってカイはピアノに対する姿勢が変わってくるんですが、そこでは指の技術がどうたらこうたらと書いてありました。

おそらく、ピアノを習っていた人なら「ああ、あれね。」とか「そうそう、子犬のワルツはそうなんだよ。」とか分かるんじゃないでしょうかね?ま、これは想像でしかないんですが。だから、どんな人でもハマるでしょう。

ピアノをやっていた人もやっていない人も、クラシックを知っている人も知らない人も。この漫画で涙を流す事間違いなし!!

映画の紹介

実はこの映画は2007年に公開されています。漫画が人気で映画化される場合、映画用のオリジナルストーリーを出す場合と漫画のストーリーをそのまま映画用にカットされる場合とありますよね。ピアノの森は後者です。つまり、漫画が気になって買うかどうか迷っているのであれば映画を見ることをおすすめします。

レンタル屋さんなら旧作ですからだいたい100円で借りれるでしょう。もしくは、あなたが今までHuluのお試し登録をしたことがなければ、最初の2週間は無料で使うことができるので登録してピアノの森を見ればタダです。この機会にぜひHuluに登録して見ていただければと思います。



映画の中のお話は漫画で言うと5巻あたりまでをギュッと凝縮したストーリーになっています。ちょうどさきほどあらすじとして紹介した流れがそのまま映画です。よくある無理矢理感がなくて、漫画を読んだことない人でもこれはこれで一つの作品として見れる映画になっていると思います。うまく組んだなぁという感じ(何様!?)

実はこの映画、カイの声は上戸彩がやっているんですが、声優としても彼女はすごいですね。雨宮修平は神木隆之介がやっています。でも、彼の場合はすぐに誰がやっているのか分かってしまいましたが、カイの方はその人物に馴染みすぎて誰の声なのかわかりませんでした。

ちなみに、阿字野壮介は雨上がりの宮迫さんだそうで・・・。これも分かりませんでした。

TVアニメ開始決定!

なかなか詳細な情報が出てきませんでしたが、やっと始まる日が決まりました。

NHK総合にて4月9日(月)午前0時10分スタート!!

詳細は公式HPをどうぞ。→ピアノの森公式HP

このアニメのためにピアノを弾く人のオーディションをしたり本格的です。あの漫画に対してどのように音を付けてくるのか非常に楽しみです。

まとめ

漫画は全26巻ですでに完結しています。私は学生時代に途中まで読んでいたんですが、途中で止まっていて最近ようやく最後まで読み切りました。夜中に一人で号泣していた自分の姿は家族に見られたらきっとすごい姿だったことでしょうw

完結しているからこそおすすめしやすいというところもありますよね。ぜひ、あなたにも読んでいただきたいです。アニメも楽しみ♪♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
書籍
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アクアをフォローする
Aqua-Experience