htmlの構造を勉強しているとつまづくことだらけ!

この記事をかいた人

アクア

30代サラリーマンのアクアです。
普段の生活で興味あることや体験したことを通じて経験値(Exp)を上げていくブログです。
ぜひ、気軽に読んでいってください。

スポンサーリンク

最近、いかに短時間でブログを書くか色々検討しています。
でも、私、素人なんです!
そんな素人が手を出したらどうなるか?
その辺りを今日はお話ししましょう。

htmlがいいかMarkdownがいいか

実はプログラミングとか興味あり

明日は、娘の卒業式です。
早いものでもう小学生生活も終わりです。
で、自分が小学生の時の卒業式がどんなだったか思い出していました。
まず、、、
ほとんど思い出せない!!
病気か?

唯一思い出せるのは中学行ったら離れ離れになってしまうお友達Aくんとの会話です。
A「オレ、将来ゲームとか作る会社に就職するんだ〜!お前は?」
私「う〜ん、考えたことないな〜」
その時はそんな感じで答えましたが、実はゲーム作るとか興味ありました。
それを仕事にするつもりはなかっただけです。
私が子供のころの将来の夢はロボット博士でしたから(笑)
本当に、通信教育みたいなやつでハンダ付けとかのキット買ってもらってなんか作ってましたよ。
中学の時は授業で簡単なゲームを作ったりもしましたね。
それがとても面白かったんです。
今はエクセルのマクロを勉強して、仕事中に一人でニヤニヤしてます。
あ、一応、仕事の業務改善のためにやっているので仕事中でもやっててOKなんですよ!

スポンサーリンク

ブログを始めたら

そんなことに興味があるからブログを始めたらインターネットの仕組みだとか構造に興味が湧いてくるんですね。
ブログのカスタマイズとかもコピペでOKと言うものを探すんですが一応その内容を見て(ああ、ここがこう言うデザインを作っているのか)とか調べてみたり。
で、それと同時に興味があったのはいかに短時間で楽に文章を書くかということ。
そこで登場するのがMarkdown記法です。
私、色々試してみました。
で、一番きになるのがMarkdownで書いた結果、それがどのようにhtmlに変換されるのかっていうことです。
(あ!ここからが今日の本題で、今までのは前置きです。)
試しにMarkdownに対応しているエディタを使ってMarkdownで書いてみます。
そして、それをhtmlに変換してみました。

あれ!?
見出しのh2の所にidって出てきちゃったぞ!?

素人の私にとっては何がどう影響するのかわからないのでMarkdownで書いたとしても今までと結果は同じになって欲しかったんですね。
ですが、そのエディタのせいなのかわかりませんが、見出しにidがつくんです。
これ何?
今まで書いててそんなのでてきたことないし、他の人のソースコード見てもそんなのないんですけど??
でも、調べてみると、なんかいいこと書いてあるんですね。
要は見出しにidを振ることで見出し単位でgoogleがインデックスしてくれるとかなんとか・・・。
なんかいいことづくしのような気がしますね。
でも、ブログ飯な人のを見ても別にそんなことやっていません。
と、思っていた矢先、とうとう見つけました!
(本当にこの記事書いてる最中に見つけましたw)
目次をブログにつけている人はidが自動でつくみたい!
目次はSEO的にもいいらしいというのは見出しにidがつくからだったのか!?
わかりました!!
その辺りをもっと調べてみよう!!
アクアさんのさらなる研究は続く・・・。

まとめ

やっぱり付け焼刃の知識だと回り道が半端ないです。
学校の授業とかでこういうのを勉強した人はわかっているんだろうな〜。
Markdownももっと勉強してみよう!!

ちなみにこういう記事書くと「内容が薄っぺらいゴミ記事」とか言われるんですよね〜。
まあ、確かに過程をダラダラ書いて、結論なし!だもんな〜(笑)
見出しにidつくメリットデメリットに詳しい方いたら教えてください。(投げやりw)

スポンサーリンク

関連記事

ぜひシェアお願いします。

2 件のコメント

  • Kさん
    有益な情報ありがとうございます(≧∇≦)
    はてなで目次を付けると見出し名がidになるけど、重複しないことと最初の文字がアルファベットなら何でもいいんですね!!
    なるほど!
    この情報だけでもだいぶ理解が進んだ気がします(≧∇≦)
    ありがとうございますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です