Evernote関連アプリが一部サポート終了。Skitchを使っていた人は要注意!

ABOUTこの記事をかいた人

アクア

30代サラリーマンのアクアです。 普段の生活で興味あることや体験したことを通じて経験値(Exp)を上げていくブログです。 ぜひ、気軽に読んでいってください。

スポンサーリンク

メモアプリとして大活躍中のEvernote
それをさらに便利に使うための関連アプリがいくつかサポート終了するそうです。

Evernoteのスクリーンショット

Evernoteからメールが届いた

以下メールの冒頭を貼り付けておきます。

ここ数年、弊社では特定用途に特化したいくつかの単体アプリを開発してきました。そして、これらのアプリで最も人気が高い機能について学び、同等の機能を主要製品のEvernoteおよび Web クリッパーにも実装してきました。このたび、主要製品により注力する弊社の取り組みの一環として、Evernote for Pebble、Evernote Clearly、および Skitch の一部バージョンのサポートを終了させていただくことになりました。2016 年 1 月 22 日をもちまして、これらのアプリに関するサポートへのお問い合わせには回答をご案内できなくなります。また、今後のアップデート対応もございません。予めご了承ください。

2016年1月22日より以下の3つがサポート終了ということだそうです。

  • Evernote for Pebble
  • Evernote Clearly
  • Skitch

私が使っていたのはSkitchのみですが、このアプリは色んなブログで便利さを紹介されていた人気アプリでした。
私も画像編集としてこんな記事を書いたことがあります。

【関連記事】

ここにも書いた通り、windowsではSkitchを使っていたんです。

スポンサーリンク

サポート終了後は使えるか?

メールの続きに書いてありましたが、しばらくの間は使えるそうです。
ただ、OSやブラウザのアップデートをすることでいつか機能しなくなるということです。
その場合、サポートが終了しているので使用できなくなった機能の修正は行いませんとのことです。
そりゃそうだ!

しかし、OSのサポートが終了したというのとは違うのでサポート終了後に使い続けてもウィルスに感染する確率が上がるなんてことはありません。
その点では安心して使える限り使っていいと思います。

代わりにどれを使えばいいの?

その辺りもちゃんと説明されていました。

  • Pebble→Powernoter
  • Clearly→Evernote Web クリッパー
  • Skitch→Evernote

だそうです。
そもそも、これらのアプリをなくしてスッキリさせるために他のアプリにその機能を入れていったという感じなんでしょうね。

Skitchを使っていた方へ

私は色々ネットで調べてSkitchが便利だということを聞いてたまに使っていました。
ですが、今回のメールには画像やPDFファイルに書き込みをするのはEvernote本体の中でできます。
と書いてありました。
私はそこまでヘビーユーザーではなかったので知らなかっただけかもしれませんが、確かにノートを開いたときの右上にこんなボタンがありました。

Evernoteの編集機能ボタン

これを開くとSkitchと似た画面が出てきます。
これなら本当にSkitchは必要ないですね。

ただ、私はwindows時代にSkitchが便利だと思って使っていましたが、macにしてからはmacにもともとあるプレビューの編集機能を使っています。
まあ、私がやることといったら四角で囲んだり矢印入れたりテキストを入力したりということ程度なのでね。

まとめ

Evernoteをお使いの方はとてもたくさんいることでしょう。
Skitchはおすすめという紹介を見てSkitchを入れた人もたくさんいるでしょう。
私だけではないはずです。
Skitchを多用していた人はやり方を変えざるを得ません。

編集したい画像を一旦Evernoteに入れてから編集画面を開くという一手間が増えるので使い勝手はどうなるんでしょうね?
Skitchはお手軽感も売りの一つでしたでしょうから。

以上、3つのアプリのサポート終了をお知らせする記事でした。

知らずに使っていて突然
(あれ?なんだか動かないぞ?)
ってならないように気をつけましょう!

【おすすめ過去記事】

スポンサーリンク

関連記事

ぜひシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です