ios版リマインダーで買い物リストを共有する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回、メモ系アプリの比較記事を書きました。

OneNoteは使えない?メモ系アプリ3つを徹底比較!
代表的なメモアプリ3つ(Evernote、OneNote、ios純正メモ)の使い勝手を比較検討してみました。大きな差はないかと思いきや思わぬところで違いがあることが分かりました。迷いがあるあなたはぜひ一度読んでみてください。

こちらを書いていて思ったんです。
(そういえばiPhoneのメモって他の人と共有できないの?)
どうやらメモアプリではできないようですが、リマインダーなら可能です!
今回はリマインダーのご紹介です。

リマインダーアイコン

リマインダーとは

もはやメモアプリでもリスト作成ができるようになったのであまり出番はないかもしれません。
でも、そもそもやることリストや買い物リストなどはリマインダーでできます。
リマインダーなら期限設定などもでき、期限が近づいたら教えてくれるなど上手く使えると便利でしょう。
今回は家族で買い物リストを共有するとしたらどうすればいいのか?
と思い、このリマインダーに辿りました。
では、早速共有設定をやってみましょう。

スポンサーリンク

共有設定の前に・・・

こちらの共有はiCloudサービスを利用しています。
ですので、お互いにiCloudを設定しておかなければなりません。
まずはそこからです。

設定からiCloudを開きます。
そして、その中のリマインダーをオンにしておきましょう。

iCloudの設定画面

これで準備万端です!
では共有設定に進みましょう!

共有設定方法

まずは、リストを作ります。
タイトルは「買い物リスト」などにして、内容のところに買うものリストを作っていきます。
できたら右上の編集をタップします。

リスト作成画面

そして出てきた画面の共有をタップします。

編集画面

次に参加者を追加をタップします。

共有設定画面

宛先を入れる画面になりますのでメールを送信するように共有相手のアドレスを入れます。

アドレス入力画面

ここでお分かりの通り、別に家族でなくてもアドレスさえ知っていれば誰とでも共有できます。
(ただし、iPhone同士のみですよ。)

受ける側の設定

先ほどのアドレスにこのようなメールが届きます。

受信メール画面

ここから「リマインダーリストへ参加」をタップしてもいいんですが、リマインダーを開いて待っていればそのうち承認画面が出てきます。

リマインダー承認画面

これで承認を押せば共有設定完了です。
もし、お互いが近くにいるのであれば試しに片方でリストを更新してみましょう。
もう片方はそのリストを開いてちょっと待っているといきなり更新されます。
勝手に画面が変わるのがなかなか面白いですよ(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
仕事帰りに買ってきて欲しいものをここに入れておけば買ってきてくれるかもしれませんよ。
間違えてお互いに同じものを買ってしまったりということもありません。
本当であればリストの内容に変更があった時に相手に通知が行けば一番いいですね〜。
よかったらぜひ試してみてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhone
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アクアをフォローする
Aqua-Experience

コメント

  1. kzthrk より:

    おー、便利な機能ですね。でも、奥さんにだけは知られたらダメなヤツですね。

  2. aqua935 より:

    kzthrkさん
    コメントありがとうございます!!
    リマインダーで共有して、メモにはロック掛けるで決まりです(笑)