Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

私が好きなギタリストを全力で紹介

紹介 紹介-音楽

スポンサーリンク

私、ギターにはまっていた時代があります。
中学から大学にかけてです。
バンドを組んでいたわけではありません。
一人でギターを練習して、あれが弾けたとか自己満足で終わっていた感じです。
そんな私が好きだったギタリスト達を好きになった順番で紹介していきたいと思います。

私のギター

<リビングに飾られているだけのギター>

【目次】

最初はGLAY

中学でギターを始めるきっかけになったのはなと言ってもGLAYです。
周りの友達がこぞってGLAYにはまっていてみんなギターを始めていたので、私は完全にそれを真似した形です。

当時、すでにギターが超うまかった友達に弦を張ってもらうためにその友達のうちに行ったんですが、私が持って行ったのは家にあったフォークギターでした。
しかし、私、レフティなんです!
家にあったフォークギターは当然普通の右利き用。
なので、それを無理やり逆に弦を張りました・・・。
そうすると、当然、6弦が1弦の溝にはまらなくて浮くんですね。
ただでさえ初心者の難所とされるFコードですが、弦が浮いているから尚更やりづらいという状況でした(笑)

そんなこんなでまずはじめに練習したのが誰もが知っているこの曲です。

 

BELOVED

BELOVED

  • GLAY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

この曲のイントロをその友達に教えてもらってひたすら弾いていました。
私はバンドを組んでいたわけではないので1曲通しで弾けるようになる必要もありません。
なので、いろんなバンドスコアを買って、ただただギターソロの部分だけ練習して
(やった!弾けた!)
と自己満足していただけでした(笑)

GLAYのギタリスト

GLAYにはギターが2人います。
TAKUROとHISASHIですね。
特に私はHISASHIファンでした。
ここからちょっとマニアックになります。
昔のHISASHIはギターの弾き方が独特でした。
まず、ピックを持つ手は握らず、中指をちょっと出したような不思議な持ち方でした。
それがかっこよくて真似しました。
それから弾き方ですが、当時の彼はダウンストロークばかりで弾いていたんですね。
普通、上から下へ弦を弾いて音を鳴らしたら、次の音は下から上に弦を弾けば動きも少なくてスムーズに弾けますよね。
ですが、彼は上から下へ弾いたら、また戻って上から下へ弾いていたんです。
この他とは違う独特な感じも大好きでした。
ただ、それは真似できませんでしたがね・・・。

そんなこんなでHISASHIにはまってひたすらギターソロばっかり弾いていたんです。

ミッシェルに出会う

ギターを始めたら世の中に出回る曲をギターの音で好きか嫌いか判断するようになってきました。
そこで出会ったのが、thee michelle gun erephantです!
読み方はミッシェルガンエレファントです。
私の人生の中で1番大好きなバンドでした。
このバンドの特徴はとにかくシンプルなのにかっこいいです。
シンプルというのは曲にいろんな楽器を混ぜないということです。
ギター・ベース・ドラム・ボーカル以外使っていない(たまにブルースハープ)のになんでこんなかっこいい曲なんだ!!
という感じ。
しかも、エフェクターを使わず、アンプ直繋ぎです。
とにかくこの人たちはライブバンドなので、CDを聞いていれば演奏している姿が目に浮かんできます。

ミッシェルのギタリスト

名前が長いので略してミッシェルと書きます。
ミッシェルのギタリストといえばアベフトシです。
彼の特徴と言ったらなんと言ってもカッティング技術ですね。
もう、ただひたすらそれに惚れ込んだだけです。
彼の名言をここでご紹介。
「オレはギターの弦は1本だと思ってるから」
ああ、なんてかっこいいんでしょう。
意味わからない人にはわからない。
彼の弾き方を知っている人なら
(ああ、なるほど)
と思うことでしょう(笑)

彼の弾き方の特徴はもう一つあります。
それはFコードなどのバレーコードの時に親指で6弦を抑えることです。
これがかっこよくて真似したかったんですが、これは手がでかくないとできません。
私は断念しました・・・。

私がバンドスコアを買うきっかけになったのはこの曲です。

 

G.W.D

G.W.D

  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ミッシェルを聞くようになったのはもうちょい前からですが、この曲とその次の曲

 

スモーキン・ビリー

スモーキン・ビリー

  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

がきっかけでこの曲が入ったアルバムのバンドスコアを買いました。

ミッシェルの曲は弾いてみると驚くほど簡単に弾けてしまう曲がいくつかあります。
こんな単純なのになんでこんなにかっこいいんだ!と気付いたのも好きになったきっかけの一つです。

初めて耳コピできた曲

完コピではないですが、初めてバンドスコアなしでコード進行がわかった曲がこれです。

 

デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ

デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ

  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  • ロック
  • ¥400

 

この曲は4つのコードさえわかれば8割がた完成です(笑)
あとはギターソロ部分だけです。
なんとなく弾いたらぴったり一致して自分で驚きました。
この曲もシンプルで大好きです。
この曲が入っているアルバムのジャケット写真もかっこいい!!

今までの人生で一番かっこいいと思う曲

当然ながら、今まで生きてきていろんな曲を聴いてきました。
その中でも一番かっこいいと思う曲がこれです。

 

Devil Skin Diva

Devil Skin Diva

  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

残念ながらこの視聴ではかっこいいところは出てきません・・・。
ぜひ全曲聴いてほしいです!

私は未だにこれ以上かっこいい曲に出会えていません。
この曲はミッシェルが解散するときの最後のシングルのカップリング曲です。
なので、ライブでもやったことあるのかな?
というくらいの露出度低い曲ですが、私はこの曲を聴いた瞬間にミッシェルが解散した理由がわかったような気がしました。
この曲が私の中で最強の曲です!!

BUMP OF CHICKEN

こちらも面倒なのでバンプと略します。
高校の頃に天体観測で爆発的な人気を勝ち取ったバンプですが、その当時スペースシャワーTVという音楽チャンネルで10分くらいの短い冠番組「BUMP TV」というのを見てファンになりました。
単純に年齢が近かったこととすごい人間味あふれる感じと仲良し4人組という感じが大好きでした。

バンプのギタリスト

バンプは2人います。
藤原基央くんと増川弘明くんです。
最初に買ったCDは「jupiter」でした。

このころの曲は聴いていてもギターの音がわかりやすかったので好きでした。
私はバンドを組んでいなかったのでギターの音だけでもなんとなく曲全体がわかるような曲が好きだったんですね。
ギターが前面に出ている曲というかなんというか。
バンプの特徴と言ったらハーフダウンチューニングと独特なコードですね。
GLAYとかも弾きたいしバンプも弾きたいし、というときはいちいちチューニングし直さなきゃいけなかったので大変でした。
それからバンプのコードですが、これはギターの和音じゃなくてピアノの和音と同じコードだと聞いたことがあります。
作曲している藤原基央くんが昔ピアノを習っていた関係でそっちのコードを使っているとかいないとか・・・。
間違った情報だったらごめんなさい。
私が好きでひたすら練習した曲と言ったらこの2つです。

 

メロディーフラッグ

メロディーフラッグ

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

ダンデライオン

ダンデライオン

  • BUMP OF CHICKEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

それからそのあとのアルバムのバンドスコアも買いました。
チューニングの問題があり、高校の時はバンプばっかり弾いていた気がします。
今となってはこんなモンスターバンドになってしまって・・・(親ごころw)

L`Arc~en~Ciel

略してラルクです。
ラルクのバンドスコアを買ったのは結構後なんです。
なぜかというと、ギターの音だけじゃあまり曲にならないからです。
いろんな音が重なり合って綺麗な作品に仕上がっているラルクの曲はギターのみ抜き出しても意味がありません。
そんなこともあり、ラルクファン歴で言ったら中学の頃から好きだったので長いですが、バンドスコアはなかなか買いませんでした。

ラルクのギタリスト

ラルクのギタリストと言ったらKENちゃんですね。
いや、もう一人入れておきましょうか?
ギターよりも前に出たがりベーシストのテっちゃんです。
長年聞いていた曲でもギターの音だと思っていたらベースだったということが多々あります。
で、KENちゃんの特徴と言ったらなんと言っても癖のかたまりです。
もう、楽譜にするの大変だったでしょ?というくらいめちゃくちゃです。
ギターの音だけじゃあんまり意味がないのと難易度が高すぎるという点でなかなか手を出しませんでしたが、その中でもよく練習した曲はこれです。

 

Blurry Eyes

Blurry Eyes

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

浸食 lose control

浸食 lose control

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ここら辺はギターだけでも何弾いているかがわかります。
ですが、難しいです。
曲の一部だけだったらこの曲のイントロは印象的なのでめちゃくちゃ練習しました。

 

虹

  • L'Arc~en~Ciel
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 真似しづらいという意味ではKENちゃん最強です。
(私が下手だからですけどね・・・)

まとめ

要するに私の青春時代を紹介したわけですが、ミッシェル以外はいたって普通ですね(笑)
でも、一番はまって一番かっこいいと思うのがミッシェルです。
もう、解散してしまったし、アベフトシは若くして亡くなってしまったので再結成もありません。
ですが、未だに聞いてかっこいいと思ってしまいます。
最近はギターを全然弾いていません。
飾ってあるのみ。
もったいないですね〜。

【おすすめ過去記事】

 

www.aqua-exp.com

 

 

www.aqua-exp.com

 

 

www.aqua-exp.com