Aqua-Experience

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqua-Experience

自分の経験値を上げるべく日々新しい事へチャレンジ

容量がGBとかTBとか言うけど実際どのくらい保存できるの!?

ITスキル ITスキル-PCスキルアップ

スポンサーリンク

最近やっとクラウドサービスに手を出したわけですけど、利用するサービスによって使える容量はさまざまです。
その辺りをまとめてみました。

クラウドマーク

単位ごとの違い

まずは単位についてです。
容量を表す単位は大きい方からTB→GB→MB→KB→Bとなっています。

では1TBを基準に並べてみます。(読み方はテラバイト)

1TB=1024GB=1048576MB=1073741824KB=1099511627776B

もう、最後は“億”の上まで行ってしまいました・・・。
これはどれくらいなのか、1TBは多いのか少ないのかよく分かりません。
その目安を紹介する前にサービスごとの容量を見てみます。

サービス毎の無料で使える容量一覧(2015/12/10現在)

  • Dropbox:2GB
  • icloud:5GB
  • Evernote:毎月60MBまで(容量無制限)
  • Onedrive:15GB(来年からは5GBに縮小)
  • Googledrive:15GB(gmailなどと合算)

容量だけで見るとonedriveとgoogledriveは一歩リードしています。
でも、はたして15GBも必要なのでしょうか?

容量の目安(画像の場合)

私は現在iphone6plusを使用していますがそのカメラで撮った場合の1枚当たりはだいたい2MBです。
撮るときの条件次第では大きくなったり小さくなったりしますが、ほとんどがこのくらいです。
では、Dropboxの2GBは何MBでしょう?

1GB=1024MBなので 1024×2=2048MB です。

ということは 2048MB÷2=約1024枚 保存できるということになります。

1000枚撮るのにどのくらいかかりますか?
1000枚はあっという間という人は容量重視でonedriveがおすすめです。

onedriveとdropboxはカメラロールの写真を自動でアップロードしてくれるので便利です。

容量の目安(動画の場合)

映画1本をダウンロードすると4GBぐらい容量使います。
番組の録画も画質によりますが1番組で1GBとか平気で使います。
なので、動画を扱う場合(番組録画用の外付けHDDなど)はまた違う見方をしなければなりません。
まあ、番組や映画をクラウドに保存しようとする人もなかなかいないと思いますが。

容量の目安(エクセル・ワードの場合)

私は会社で月次決算を組む担当ですが、その関係資料をエクセルなどで作っています。

1年ごとにフォルダを分けているのですが去年の1年分が入っているフォルダの容量は22MB(ファイル数214、フォルダ数21)です。
では、2GBでは何年分保存できるでしょうか?

答 2048MB÷22=約93年分 です。

ちなみに期末決算フォルダは82MB(ファイル数449、フォルダ数88)で、約24年分です。
93年だったら残りの寿命を十分超えていますね。
2GBって思っていた以上に大容量です。
これならdropboxでいいんじゃない?って気がしてきます。

まとめ

容量の目安について色々書きましたが、人によってその印象は違うでしょう。
私は先ほど書いたとおり、2GBが大容量な気がしています。

なんてったって93年分ですから(笑)

実際には、
利用する目的によって

容量はどのくらい必要か?
使い勝手ではどれが使いやすいか?

辺りで判断するのが良いですね。

例えば
写真→onedrive、ファイル→dropbox
または
プライベート用→onedrive、仕事用→dropbox
などなど

ただ、便利だからといって何でもかんでもアカウント作って利用するのはお勧めできません。

よく情報流出のニュースがあるように、セキュリティ上完璧とは言えないからです。
しくみを理解して自分の情報を管理する必要があります。

(補足)

クラウドサービスは便利ですが、スマホクラウド間のみでデータのやり取りをするのは万が一の事を考えたらちょっと心配です。
スマホのデータをクラウドに保存し、そのバックアップをPCや他のHDDに取っておくのが無難ですかね。

【編集後記】

昨日は会社のクリスマスパーティーでした。
ビンゴで景品はゲットできませんでしたが、各机に置いてあった雪だるまの光るやつを奪い取り(早い者勝ち)なんとか子供達へのお土産ができて良かったです。

【おすすめ過去記事】

 

aqua-exp.hatenablog.jp

 

 

aqua-exp.hatenablog.jp

 

 

aqua-exp.hatenablog.jp