mac版ショートカットキー

スポンサーリンク

先日ショートカットキーの記事を書きました。

【関連記事】

これを実行したのにイライラしている人がいますね。
そう、私はとても大事なことを書き忘れました。

windowsからmacへ

macとwindowsではボタンが違う

イライラしているあなたはもしかしてmacをお使いでは?
そうなんです。
macとwindowsではボタンが違うのです。
ここがmacに踏み切りにくくする要因の一つです。
windowsのctrlボタンはmacにもあります。
だからきっとmacでも同じだろうと思って挑戦してしまうんですよ。
ですが、同等の機能を持っているのはなんとcommandボタンなんです。
さあ、macのあなた!
command+Cからcommand+Vをやってみましょう。
できましたよね。
無事解決です!

スポンサーリンク

できたりできなかったり

「でも、ctrl+Cでできる時があったりできなかったりしたんだよな~」
安心してください。
それは誤作動ではなく正しいんです。

実はwordやexcelだとctrlでできてしまうんです。
これもややこしくする一つですね。
使うソフトによってはショートカットキーを独自に割り当てている場合もあります。
ですが、ctrlが使えるwordとかでもcommand+Cも使えるので是非こちらで覚えてしまいましょう。

やり方

commandボタンは親指付近にあるので親指で押しましょう。

jisキーボード版の説明

<appleホームページより>
あとは、人差し指なり中指でCやVを押します。
これでmacの人も安心です。
アルファベットの並び順は変わらないのでctrlからcommandに変えるというところだけ覚えておけば対応できます。

もう一つ説明忘れ

ああ!また説明が抜けていました。

さきほどの画像はUSキーボードでした。
JISキーボードだとcommandボタンはもう一つ外側にあるんですね。

usキーボード版の説明
これを親指で押すのはちょっときつい(汗)
中指か薬指でcommandボタンを押しながらになるのかな?
もしどうしても使いづらいのであればcapsキーのところでcommand機能が使えるように設定するという手もあります。
Capsキーってあんまり使わないですもんね。
こうしておいた方が使いやすいかな?

Macは自由に変更可能

Macはボタンの機能を自由に変更できるんです。
ctrlキーとcommandキーを逆にしたりshiftキーとcapsキーを逆にしたりなどもできます。
ショートカットキーも自分で自由に変更できるんですよ。
ただ、あまり凝り過ぎて色々変えるとパソコンを買い替えた時や初期化するときに
「あれ?何をどう変えてたっけ?」
ってなりますので、メモを残しておくか変更はほどほどにしておいた方が良いです。
その辺りはまた後日詳細に書いていこうと思います。

まとめ

macとwindowsの微妙な違いになれるまではちょっと苦労します。
けど、ちょっとですよ!
それ以上にmacの快適さはたくさんありますので、私はmacをおすすめします。
ん~、会社のパソコンもmacにしたい!!
(ただのサラリーマンにそんな権限はありません・・・。)

【おすすめ過去記事】

スポンサーリンク

関連記事

ぜひシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です