【レビュー】冷風扇は意外に涼しくて気持ちがいい!

スポンサーリンク

都会は夏の暑さにエアコン入れっぱなしという話も聞きます。
長野は都会ほど暑くはないものの、それでもピーク時は寝苦しい夜を過ごしているんです。
でもね、エアコンって各部屋に1台ってわけにもいかないんですよ。
経済的に。
なのでうちはリビングに1台設置されているのみ。
なかなかこれで家全体を冷やすには無理があります。
そこで補助的に導入したのが冷風扇です。
使い方によってはこれがなかなか良いんですよ。

我が家の冷風扇

我が家の状況

今一軒家に住んでいますが、家を建てるときにエアコンの設置場所を迷わずリビングにしてしまったんですよ。
特に何も考えずに・・・。

冷たい空気は下に溜まり、暑い空気は上に溜まるというのは常識中の常識ですよね。

うちの構造は吹き抜けになっているので、本来なら2階にエアコンを設置すべきでした。
そうすれば冷たい空気がどんどん下に流れていってくれますから、家全体が涼しくなるんです。
でも、1階のリビングでエアコンを使っても2階は絶対涼しくならないんですよ。
家建てたときの最大のミスがこれです。
サーキュレーターや扇風機を駆使してなんとか上に冷気を押し上げようとしても効率が悪いし限界があります。
そこで購入したのが冷風扇です。

スポンサーリンク

冷風扇とは

冷風扇とは何なのか簡単に説明しておくと、冷たい水を機械の中で循環させて冷えた空気を送り出す装置です。
このタンクに水を入れて使います。

冷風扇の水タンク

水を入れるタンクの中に保冷剤を入れておけばなおさら冷たい風が出てくるんですよ。
楽天の商品紹介ページには-4℃の風と書いてありました。
(あ、今の室温から-4℃ですよ!!)
普通に冷風ではなく扇風機と同じようにただ風を送るだけの送風機能もあります。
できる機能はこんな感じです。

冷風扇のボタン

左上から順番に

  • 風速(強・中・弱)
  • 冷風切り替え
  • スイング(首振り)
  • おやすみタイマー
  • モード切り替え(連続・リズム・おやすみ)
  • 電源

このボタンを見る限り何ができるかは一目瞭然ですね。

冷風扇の良い所

冷風扇というものは生まれて初めてだったんですが、これがなかなかいいんです。
ちょっと紹介していきますね。

使い方が簡単

使いやすさは先程のボタンを見れば分かるように何をすることができるかがとてもわかり易いですね。
たいていはスイッチ入れてそのままで、首振りしながら連続冷風モードで使用しています。
水を入れるタンクも取り外して水道の水を入れられるし、洗うのも簡単です。
普段の使い方としてはこれだけです。
タンクに水を入れて保冷剤も入れてスイッチを押すだけ!
この手軽さが良いですね。

キャスター付き

それからキャスター付きなのは地味に便利です。

冷風扇のキャスター

移動したいときに持ち上げる必要がありませんからね。
扇風機だって大抵は床に直置きじゃないですか。
少し向きを変えたいときとかちょっと移動させたいときに簡単なのでこれが便利!
扇風機だってキャスター付きなら便利なんじゃないんかな〜と思いました。

上下の調節もあり

それから首振り機能で横幅は広く風を送れますが、吹き出し口のレバーを調節すれば
上の方へ風を送ることも出来ます。
これは手で調節するんですが、一番上まで上げると結構上の方まで風を送ることができるようになりますよ。
大人が目の前に立ったときに頭の上くらいまで風が届いてくれます。
しかも、その調節するレバーは上半分と下半分で分離しているので、上半分は上の方へ、下半分はまっすぐ前へという分け方も可能です。

電気代が安い

冷風扇はエアコンよりも電気代がやすいです。
楽天の紹介ページには1日8時間使用してエアコンは91円かかるのに対して冷風扇はたった7円という事が書いてありました。
実に13分の1!!
まあ、最弱運転の場合ですけどね。
これだけでも結構涼しい風が来てくれるのでちょっと暑いくらいだったらエアコンよりも冷風扇で十分かもしれません。

冷風扇の悪い所

良い所はたくさん上がってきますが、もちろん残念なところもあります。

部屋全体は無理

先程もちょこっと書きましたが、冷風扇は部屋全体を冷やす力はありません!
自分に直接風を当てて涼しく感じる程度です。
6帖くらいの部屋でずっとつけっぱなしにすれば少しは部屋の気温が下がりますが、そこの能力は期待してはいけません。
あくまでも少し冷たい風を出すだけです。
先程、電気代が安いといいましたが、そりゃ部屋全体を冷やす能力があるエアコンは電気使うわって話ですよ。

音がうるさい?

これは人によって許せる範囲かどうかは変わると思います。
寝るときに風速を「中」にしていると結構音はします。
でも、人の会話とか音楽とかではなくただの機械音なので私は気になりません。
これで眠れないという人は、道沿いの家で車の音がしただけでも眠れないでしょうね。
「弱」にしていれば扇風機の音とあまり変わらない気がします。

よく言わる冷風扇のイメージ

冷風扇を買おうかどうか迷っていたときにいろいろ調べたんですが、その中にこんなものがありました。
「扇風機の前に氷水を置いて、風を送っているのと同じ。だから蒸発した水蒸気で湿度が上がっていく。」

その理屈は何となくわかります。
扇風機の前に氷水置いて使ったらたしかに湿気がすごそうだな〜というのも想像がつきます。
でも、私が使っている限りでは、湿度が上がってしまうような感じはしませんでした。

冷風扇はポンプで冷たい水を循環させて、その周辺の空気を冷やしてから風を送るので冷えた水を直接送るのとは少し違うんでしょうね。
完全に湿度が上がらないということは無いんでしょうが、それを不快に感じることはありません。
そこは安心して使えると思います。

部屋を冷やすコツ

冷風扇の購入を考える理由の1つに安く済ませたいと言うのがあると思います。
(そもそもエアコンを設置できないという理由もあると思いますが)
なるべくお金をかけずに部屋を涼しくしたいのであれば以下の点に注意するといいかもしれません。

  • 朝の涼しい風を取り込む
  • 使ってない部屋や押入れ等も冷やしておく

あ、これは私が住んでいる長野だからこそできる芸当かもしれませんね。
長野の朝は結構冷えます。
日中は30℃超える日でも早朝は20℃近くまで下がることがよくあります。
だから、朝早くに起きて窓を開けておけば冷たい風が入ってくるんです。
日が昇って朝日が当たり始めたら、窓を閉めて冷たい空気を閉じ込めておけば完璧ですね!
朝活ついでに部屋も涼しくしちゃいましょう。

ただし、窓を開けっ放しで寝るのは危険です。
逆に寝冷えして風邪を引きかねないですから。

それから使ってない部屋も冷やしておいたほうが良いです。
使ってない部屋などに熱がこもっているとせっかく冷えたところに熱が流れ込んできてしまうんですよ。
押入れなども同じ理由です。
そこまで冷やしておくと、エアコンを切ったときに冷たい状態が少しだけ長持ちするんですよ。
これも節約には大事なことですよ。

まとめ

冷風扇は初めて使いましたがこの涼しい風は結構良いですよ。
部屋全体を冷やす力は無いのでそこを期待しているならエアコンを購入するしか無いと思います。
その点だけ注意してください。
狭い部屋で使うなら冷えてくれますが。

あと、除湿機能があるわけでもないのでやはりその辺りではエアコンの性能には勝てません。
あくまでも扇風機よりも涼しい風が欲しい程度です。
扇風機を買おうか迷っているなら冷風扇は間違いなくおすすめですよ!

【おすすめ過去記事】

スポンサーリンク

関連記事

ぜひシェアお願いします。