【Mac】Safariをおすすめする3つのポイント

スポンサーリンク

世の中の統計で行くと人気のあるブラウザはChromeということになります。
でも、私はMacbookを買って以来ずっとSafariを使用し続けています。
Chromeの速さは体験した上でSafariを使っているんです。
Safariは悪くないと思うんですよ。
ということでSafariの良さを伝えようと思います。

Safariのロゴ

Safariの良い所

これからSafariの良い所を綴っていきます。
これはあくまでも私の環境だったらの話です。
では、いくつか良い所を紹介しますね。

バッテリー長持ち

まずは、何と言ってもこれでしょう。
これは結構有名ですね。
Macbookのバッテリーを長持ちさせたいならSafariを使え!とか
ChromeからSafariに変えたら劇的に持ちが良くなりました。とかよく聞きます。
実際に「Mac Safari バッテリー」で検索してみるとその手の情報がたくさん出てきます。
デスクトップPCを使っているなら関係ないですが、Macbookの場合はバッテリーを長持ちさせることはとても大事なことですもんね。

新しいタブで開く

ネットサーフィンをしているときにリンクされているページを新しいタブで開きたいときありますよね。
それをショートカットキーではどうやるか知っていますか?
Chromeを使っているあなた!
Macだったらcommand、WindowsだったらCtrlを押しながらリンクをクリックしてみましょう。
新しいタブが開きましたね。
でも、画面に表示されているのは元のページですよね。
新しいページは後ろに隠れちゃいます。
リンクページを新しいタブで開いてさらにそのページを画面に表示させたい場合、command(WindowsならCtrl)とShiftを押しながらクリックしないと新しいページを開けないんです。
ボタン2つ押しながらです。

では、Safariではどうなのか?
Safariだったらcommandを押しながらクリックだけです。
それだけで新しいタブで開きつつそのページを画面に表示できます。
ね!便利でしょ!?

これは設定で変えることが出来るんです。
Safariの環境設定のタブというところを開きます。
以下のようにチェックを入れるとそれができるようになります。

safari設定画面1

ちなみに、チェックを入れたり外したりするとどの組み合わせで何ができるかが分かるようになっています。
上2つのチェックを外してみましょう。

サファリ設定画面2

変わりましたよね。
ここは自分の好みに合わせて変更しましょう。

スワイプでタブを閉じる

これも地味に便利!
私はよくfeedlyなどで色んな人のブログやニュースを見ています。
そのとき、先程の方法で新しいタブで開き、ブログを読み、タブを閉じてfeedlyに戻ります。
このタブを閉じるという動作ですが、Macのトラックパッドだったら左から右にスワイプするだけで閉じてくれるんです。
(マウスの戻るボタンでもきくと思いますが、検証はしていません。)
これ、Chromeだと出来ないんですよ。Safariだけなんです!

あなたもリンク先を開いて一通り見たら元のページへ戻りたいときありますよね。
これがスワイプでサッと閉じれるのは便利です!

ただし、新しくページを開いてから違うページへ移動していない場合のみ有効です。
新しいタブで開いてその2ページ目にいった後に戻ってきてもスワイプでタブを閉じることは出来ません。
そこは注意が必要です。
でも、間違って違うページを開いてしまったときにスワイプでサッと閉じれるというのは便利ですよ〜。

まあ、command+Wで開いているタブを閉じる事ができるのでそれを知っていればChromeでもSafariでも同じなんですけどね。

iPhoneとブックマーク同期

iPhoneも持っていてMacを使っているなら両方でSafariを使うことでブックマークを同期できます。
Macでブックマーク登録したページもiPhoneで見れば登録されています。
これも便利です!!
ただし、これについてはiPhoneとMacで使うブラウザを統一させればいいだけの話。
Safariだからというわけではないです。
でも、ブックマーク同期してくれると使い勝手が良いです。
たまに、ブックマークの順番入れ替えたりするので。

昔、iPhoneはSafariでパソコンはIEを使っていたとき、片方のブックマークを整理したけどもう片方がゴチャゴチャのままで同じ作業をしたりしていましたよ。
同期してどちらからでも同じ環境って素晴らしいですね。

スポンサーリンク

Safariの悪い所

良い所ばっかじゃやっぱりフェアではありませんよね。
Safariのデメリットも紹介しておきましょう。

拡張機能が少ない

拡張機能で勝負したらやはりどうしたってChromeやfirefoxには勝てません。
しかも、便利な拡張機能がないか調べるときになぜかAppleの英語サイトしか開いてくれないんです。
日本語表示に変える方法はないんでしょうか?
結局、誰かが紹介しているおすすめとかを調べるしかなくなっちゃうんです・・・。
これは残念。

表示速度は少し遅い

Chromeは表示速度の速さが人気の要因の一つです。
やはり、比較してしまうとSafariはワンテンポ遅いことがよく分かってしまいます。
でも、これってあくまでも「比較すると」ですから!
Safariだけを使っているのであれば
「こんなもんかな」
で終わるんですよね。
Chromeの速さはすごいと思いますが、Safariは遅いわけではなく「普通」なんです。

まとめ

Chromeが人気なのを知っていながらSafariを使う一番の理由はバッテリー問題ですね。
人によっては劇的な変化を体感できるそうですから。
他のメリットは重箱の隅をつつくような地味なメリットです。
でも、私は重宝していますよ。
今回のこの記事はMacを使っているけどSafariは最初っから使ってないというあなたへのちょっとした提案くらいなもんです。
参考にしてみてください。

【おすすめ過去記事】

スポンサーリンク

関連記事

ぜひシェアお願いします。