家を建てる時、家相を気にするよりも大事なこと!

この記事をかいた人

アクア

30代サラリーマンのアクアです。
普段の生活で興味あることや体験したことを通じて経験値(Exp)を上げていくブログです。
ぜひ、気軽に読んでいってください。

スポンサーリンク

あなたが家を建てるときや賃貸でも「家相」というものを気にしたことありますか?
私は自由設計の家を建てましたが、どこに何を配置するかは家相もちょっと気にしながら考えたものです。
あれから4年が経過しました。
私が気にした部分と実際家に住んでみて分かったことをここに残しておきましょう。
家を建てようと思っているあなたはぜひ参考にしてみてください。

明かりの灯る大きなお家

気をつけた部分

家相というのは風水とも似ています。
要するに家の玄関・トイレ・キッチン・部屋などを配置する場所によって、これはこの方角を避けた方がいいとか家の運気を上げようという占いのようなものです。
鬼門とかそんな言葉は聞いたことがあるでしょうか?
それも家相の一種です。
では、ここで私が家を建てるときに意識した点をいくつか上げておきましょう。

玄関

家相的には運気というのは玄関から入ってきます。
良い運気も悪い運気もです。
最低でも玄関の位置だけは気にしたほうがいいと言われるくらい重要な要素です。
なので、悪い方角に玄関があると悪い運気がガンガン入ってきてしまいます。
その悪い方向というのが「鬼門と裏鬼門」です。
鬼門は北東、裏鬼門はその逆の南西の位置です。
ここは必ず避けた方がいいです。
私はなるべく真南に位置するように玄関の場所を選びました。

人によっては方角うんぬんよりも、光が入らない暗い玄関は避けた方がいいというのを聞いたことあるかもしれませんね。
その話も聞いたことあったので太陽がよく当たる真南に玄関を配置しました。

トイレ

トイレについては家の中心から見て南北と東西の直線上にあると大凶なんです。
トイレと言ってもその部屋自体ではなく便器部分のことです。
そこさえ直線上になければ問題ありません。
私の家も一応ずらしたつもりでいますが2階のトイレが微妙にかかっているか?
いや、多分大丈夫なはず!

ちなみにキッチンの火気とシンク、浴槽などもこのライン上にあると良くないと言われます。
ちょっと気にしてみましょうね。

スポンサーリンク

諦めた部分

家相を気にし始めるとあることに気づきます。
それは「全部を取り入れることは無理!!」ということ。
家相中心で考えてしまうとどうしても不可能な間取りになってくるんですよ。
私も家を建てるときにいろいろ気にして配置を考えましたが、先程あげた2ヶ所を厳守するのが限界でした。
ここからは諦めた部分を紹介していきましょう。

子供部屋

子供部屋はそれぞれ以下の場所は避けたほうがいいです。

  • 北東:自己中になりやすい
  • 南:勉強が疎かになる
  • 南西:飽きっぽい性格になる
  • 北西:人に敬遠される子供になる

残念ながら上の娘の部屋は見事に北東にあります・・・。
確かに自己中といえば自己中か?(いや、それは遺伝だなw)
こればっかりは配置の関係からどうしようもなくなりました。
ちなみに下の娘はまだ使ってないですが良い方角にありますw

階段・吹き抜け

階段は家の中心に無い方が良いんです。
でも、うちは中心にありますね。
しかも、吹き抜けも家相的には良くないと言われますが、階段をL字にしてそこから1階が見えるように吹き抜けになっています。
これはそういうデザインにしたかったからどうしようもなかったんですよ。
ここら辺のレイアウトはとても気に入っているのでそれで良しとしましょう!

どこかデザインにこだわりがあったら必ず家相的に無理が生じてきます。
でも良いんです。
この家に住んでみてから、大事なことは間取りなんかじゃないということがよく分かりましたから。

住んでみてわかったこと

今改めて家を見てみると、家相的にはそんなに点数が高くないかもしれません。
でも気付いたんですよ。とても大切なことに。
なんだかんだ言いながら家の運気を上げるポイントは以下の2つだと思います。

  • 住む人がその場所を気に入っているか
  • 人が集まるような場所か

今のこの家に住んでみてわかったことはこの2つが何よりも大切なことだということです。

家を気に入っているか

ここにこれがあると悪い運気が集まるとか色々いいますが、悪い運気が集まりやすいのはやっぱり、人の心だと思いました。
暗い顔をしてたり、後ろ向きな顔してたりすればそこにどんどん悪い運気が集まるんですよ。
逆にいつもニコニコしていて笑いが耐えない家なら良い運気が集まってくるんですよ。
そんなもんだということに気づきました。
だから、家相からしてみてもそこに住む人がその家を気に入って大事に使っていれば良い運気が集まりだすんです。
そこが何よりも大事です。

人が集まる場所か

これも先ほどと似ていると思いますが、人が集まる=人気の場所ということで人気のある場所には笑いが絶えず、運気が上がってくるんです。
私のうちは結構来客が多い方だと思います。
私の友達が子供連れて遊び来たり近所の子供が来たり、妻の友達がお茶しに来たり色んな人が出入りします。
みんなでワイワイやっているとやはり良い運気が舞い込んでくるような気がしますよね。
私も色んな人がうちに遊びに来てくれるのはうれしいですし楽しいです。

おまけ

そういえば以前遊びに来た人たちで子供はうちの子供も入れて6人、大人は私と妻も入れて3人という大人数になったときがありました。
その時に来てくれた妻の友達(子供を2人連れて来てた母親です)がこんな事を言っていました。
「せっかくの大事なお休みの日なのにこんなに押し寄せてしまってすいません。これじゃあゆっくり休めませんよね」と。
私はこの言葉にとても驚きました。

「え!?仕事が休みの日って体を休ませる日だったの!?」

自分の予定がなくても忙しいという休日がほとんどだったのでそれが当たり前だと思っていました。
そんな発想が無かったんです。
それよりも単純に色んな人と交流したり色んな子供たちと遊んだりしてたほうが楽しいと思っていました。
「近くに来たからちょっと寄ってみた」とか言われたら最高ですよ。
だいたい人が来るのって昼間ですから、休みたければ夜ぐっすり寝れば良いんですよ。
家相をあれこれ考えて家を建てましたけど、結局はその家に関わる人達次第なんだなと思いました。

もっともっと遊びに来てほしいです。

まとめ

休日に何も予定がなくて一人でボーッとしてしまうような日があったら、たしかに体は休めて次の仕事の為にリフレッシュできるかもしれませんが、そんな休日はつまらないです。
そんな考え方をし始めたらもうそれは完全に社畜ですよ!

色んな人と関わって色んな事ができるとうれしいですね。
私はどちらかというとコミュ障で人が苦手なのですが、子供たちと遊ぶのは大好きです。
「ちょっとうちの子預かってくれない?」
なんてオファーが来たら大歓迎!
ああ、公園でサッカーでもしたいな〜。

これから家を建てようと思っているあなた!
家相を気にするのもいいですが、程々にして自分が気に入って住みやすい家を建てましょうね!
運気が良くなるかどうかはそこに住むあなた次第ですよ!

スポンサーリンク

関連記事

明かりの灯る大きなお家

ぜひシェアお願いします。