macのusキーボードで「かな/英数」を切り替えるならkarabinerが便利

ABOUTこの記事をかいた人

アクア

30代サラリーマンのアクアです。 普段の生活で興味あることや体験したことを通じて経験値(Exp)を上げていくブログです。 ぜひ、気軽に読んでいってください。

スポンサーリンク

私はusキーボードを使っています。
あなたもusキーボードに憧れを持っているのではないですか?
ただ、一つ引っかかるのがキーボード上に「かな/英数」の変換ボタンがないことでしょう?
そんな悩みをズバッと解決してみせますよ。

karabinerのアイコン

usキーボードで「かな/英数」の切り替え、標準の方法

特にカスタマイズしていない場合、標準設定ではcommand+spaceで切り替えを行います。

これがまたやりづらいんです。
なぜなら、usキーボードはcommandボタンはspaceキーの両隣にあるからです。
これをなるべくホームポジションから指を動かさずにやろうとすると両方の親指でそれぞれを押すことになります。

(訂正)
標準での切り替えはcontrol+spaceに変わっていました
command+spaceはspotlightの呼び出しボタンです。
どちらにせよ、usキーボードの場合少し押しづらい場所にあります。
karabierを使わずにやりたい方はcapslockキーにcontrolキーの機能を持たせるとホームポジションのままでもやりやすくなりますよ。
システム環境設定→キーボードを開き、右下の修飾キーからそれぞれ変更することが可能です。

スポンサーリンク

karabinerの登場!

macのjisキーボードだったらspaceキーの左側に「英数」、右側に「かな」があるので該当するボタンを押せば一発で切り替えができるんです。
それと同じようにするのがこのフリーソフトです。
では、順番に設定方法を見ていきましょう。

ソフトのインストール

以下のURLからダウンロードページへ進みます。
https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja
そして出てきた画面でここをクリックします。

ダウンロードする画面

そしてダウンロードが完了したらそのファイルをクリックして開くと以下のようにアイコンが出てきます。

ダウンロード後に開いたときの画面

そのアイコンを開くとインストーラ画面になりますので、あとは言われた通りに進みましょう。
これでインストールは完了です

設定の確認

lounchpadを開くと「KEY」と書かれたアイコンが追加されていますのでそれを開きます。
開くと同時に上のツールバーにただの四角のアイコンが出ます。
これがkarabinerが機能している状態を表します。
設定の確認ですが、今は以下のウィンドウが開いていると思います。
その中で「for japanese」という欄を探します。
おそらく以下のようにチェックマークが付いていると思いますので、基本的にはそのままでいいです。

karabinerの設定画面

これで設定の確認も完了です。
左下の「close this window」で画面は閉じましょう。

実は、私は使っていなかった

私はusキーボードを買ってから色々調べてこの方法も知っていたんですが、最初は逆にこれが使いづらいと思っていたんです。
それはなぜかというと、windowsは一つのボタンで切り替えるからです。

(今、かな入力だから英数に変えたい。英数にするときは左だったな。)
とか、今の入力方法から切り替えるのはどっちを押すか迷うよりも常に同じボタンを押せばいいという方が楽だと思っていたからです。

でも、よくよく考えてみたら、これから文字入力を始める時にまず、右上のアイコンを見てどっちの状態になっているか確認し、逆だったら切り替えるという方が面倒くさいんです。
この設定だったら今どの状態になっているかなんて関係ないんですよね。
かな入力をしたかったら右のボタンを押せばいいんです。
今現在かな入力モードになっていようがいまいが右のボタンをとりあえず押しておけばいいんです。
それに気づいた時に(あ!こっちの方が便利じゃん!)となりました。
いちいち、今どっちモードか確認する必要がないですからね。

まとめ

これであなたもjisキーボードから乗り換える時に感じる壁が一つ無くなりました。
usキーボードで標準設定のまま使っていたあなたは是非これを試してみましょう。
usキーボードはこういった細かい所で敬遠されがちですが、いざ買ってみれば不便なく使えるものですよ。

他のusキーボード関連記事はこちら

usキーボードは何がいいのか

2015.11.28

Macをusキーボードにした理由

2015.11.27
【おすすめ過去記事】

スポンサーリンク

関連記事

ぜひシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です